滞納問題

だらだら滞納

 家賃滞納の明渡の裁判は、家賃の3ヶ月分の滞納額があれば訴訟提起できます。家賃5万円の物件なら滞納額は15万円、家賃10万円の物件なら滞納額が30万円を超えればということです。逆にこれより少ない場合には、裁判所はまだ信頼 […]

続きを読む

家賃が入らない

入ってくるべきお金が入らない、家賃の滞納は家主さんにとっていちばんのストレスになるもの。誰しもが「督促なんてしたくない」と思うでしょう。しかも督促をしたところで、滞納者の多くが「払いますから」と言うだけ。残念ながらその言 […]

続きを読む

私が考える世代別滞納理由

家主さんにとって、家賃滞納問題がいちばん頭を悩ますことではありませんか? 空室なら良い入居者を確保すればいいことですが、滞納の場合は部屋は使われているのにお金を払ってもらえない。滞納者を追い出すにも費用がかかってしまうの […]

続きを読む

トラブル物件の特徴

 トラブルある事件を受託すると、必ずその物件に行ってみます。資料だけでは、細かい部分が分からないからです。トラブルというのは、家賃滞納だったり賃借人からのクレームを多く受けるようなケースです。年間200件くらいでしょうか […]

続きを読む

家賃滞納督促 Part4

一般的に家賃の3ヶ月分程度の滞納額があれば、明け渡しの訴訟を提起することができます。家賃5万円なら15万円の滞納額、家賃10万円なら滞納額が30万円以上ですね。ところが、3ヶ月分まではいかないけれど、払ったり払わなかった […]

続きを読む

家賃滞納督促 Part3

Part2に引き続き、滞納賃料の督促についてです。今回は連帯保証人がいる場合を考えてみましょう。 家賃滞納で明渡の訴訟をするなら、家賃の3ヶ月分の滞納賃料があれば提起できます。ただ直近にちょっとでも金があれば「まだ支払う […]

続きを読む

家賃滞納督促 Part2

家賃滞納督促Part1では、滞納督促の大まかなやり方をお伝えしました。今回はもう少し掘り下げていきましょう。 まず家賃滞納の督促は、タイミングが重要です。毎月きちんと入金を確認されていますか? たとえば家賃の支払いが、月 […]

続きを読む

家賃滞納督促 Part1

賃貸経営において、いちばん困るのが家賃滞納でしょう。空室なら工夫次第で入居者を確保することができます。しかしながら滞納は、督促という後ろ向きな作業が精神的に重くのしかかります。しかも退去させようと思っても、ひと苦労。 そ […]

続きを読む

滞納トラブルについて

滞納された場合、訴訟手続きで簡単に退去させることができます。仮にそれが怖い人たちでもです。 ただ滞納分の回収はなかなかできません。一般的に滞納している人は、収支のバランスが崩れています。そのため新しい場所での生活もあるの […]

続きを読む